人財育成に力を入れている日創研

1987年に創業した日創研は今まで多くの企業と向き合ってきました。中小企業を活性化させたいという思いで設立された日創研は、大阪に本社があり現在では全国展開しています。日創研では営業所だけでなく、大阪中心として東京、名古屋、福岡、広島、札幌に研修センターがあります。そこでは中小企業に特化している魅力的な企業向けの研修を提供しています。日創研のプログラムの優れている点は、全ての業種や職種に対応をしているところです。製造業からサービス業まで、あらゆる中小企業が抱えている問題点を、しっかり解決してくれるところが強みとなっています。

現在年間3万人の社員に対して魅力的なビジネスセミナーを提供しています。なぜ会社の業績が上がらないのか、向上させるために何が必要なのか、社員がどのように変わらないといけないのかを考えてもらうためのサポートをしています。日創研では「人財育成」と言います。どのように中小企業で働く社員が、自分自身を変えなければいけないのかということを十分に理解する必要があります。そのきっかけになることを日創研では研修プログラムを通じてサービスを提供しています。お客様となる全国の中小企業が元気になることを使命としています。

日創研ではお客様となる中小企業の現状をしっかり把握しながら、様々なセミナーの研修を提供しています。働く社員がやる気とやりがいを感じてほしいという思いで、それぞれのお客様の要望に合わせて研修をすることができるプログラムが充実しています。中小企業に特化しているサービスを提供しながら、全ての中小企業が業績を回復させること、そして継続して成長し続けることを応援しています。

日本経済を活性化させるには、社員の教育が必須だと考えます。社員ができるかぎり思考能力を最大限に活かして、自分が働く会社に貢献していかなければいけません。これを実現させるために、オリジナルのプログラムとなる可能思考教育、職能教育、コミュニケーション教育などの研修プログラムを充実させています。社員研修だけでなく幹部や経営者向けの研修プログラムも充実しています。さらに企業の経営状況を見極めて、的確なアドバイスをするコンサルティングサービスも提供しています。今まで多くの企業が研修で得たことを職場で実践しながら、自分自身の成長を感じている人がたくさんいます。一人でも多くの社員が自分自身が変われるきっかけとなるためにサービスを提供しています。

【イチオシサイト】
→→日創研|会社紹介動画